いよいよLPICの範囲に沿った内容に入ります。
今までの進捗的にどうなのか・・・


yaranaio_015



PCを構成するハードウェアについて完結に述べよ。





9c2cfe42




なんだおいきなり?






yaranaio_015



今回はハードウェアの基礎知識だ。
よって、お前の現在の知識を把握しておこうと思ってな。




9b6b0502



うーん?ハードウェアって言っても色々あるお?
何がどこまでどうなんだお?




20160127002900



まぁ、そうなるよな。
まずはハードウェアの構成から行こうか。
といっても基本的なものなので、まぁ今回は肩肘張らなくていいと思うが。





9c2cfe42







うーん。Linux関係あるのかお?



yaranaio_015


あぁ。関係あるといえばあるが、今後のための基礎知識だな。
CPUなにそれ美味しいの?ではちょっと説明がアレだが。





yaruo_018
やる夫は自作もしてたから余裕だおwwww
CPU、メモリ、MB(マザーボード)、HDD(ハードディスク)、SSDあたりが必須ハードウェアだお!!



yaranaio_016



ふむ。まぁそんなところだろうな。
では、それぞれの役割はどうだ?
CPUから行ってみようか。





9eef8141



改って言われると困るお><;
CPUは・・・脳みそみたいなもんだお!!
コア数とクロックで性能が決まるお!!

20160127000256



うむ。
厳密にはCPU(Central Processing Unit)の役割は演算処理だ。
メモリからプログラムを読み出し、処理を実行する部分だな。
さっきやる夫が言った「クロック」というのは動作周波数だな。
これが高いと処理自体が速くなる。
また、近年では当たり前になってきているマルチコアだが、
これはコア数が多いと同時に実行できる処理が増える。



9c2cfe42



ん?コア数とクロックは別の目的なのかお?
両方多いほうが強いんじゃないのかお?





yaranaio_016

あぁ、確かに両方多いほうが強いという表現は合っている。
が、この2つは若干強くなる方向が違うな。

例えるならば、クロックは道路における最高速度、
コア数は車線の数のようなものだ。




9b6b0502



ふーむ。。。
わかったようなわからないような・・・??



yaranaio_016


クロック数が高いということは最高速度が速いということ。
例えば1コア(1スレッド)でクロックが高いということは、
1車線の高速道路のようなものだ。
空いているときは速い。が、車が多くなってくると・・・大変だろう?





9eef8141


車が何らかの処理、
で、道路が混雑してなければみんな最高速度で走れるから速いってことかお?


yaranaio_015


まぁ、そんなところだ。
対してコア数(スレッド数)は車線の数。
つまり、一度に走れる車の数が増える感じだな。




yaruo_018

確かに1車線の道路じゃすぐ渋滞するお。
4車線とかあるとあまり渋滞しないお。


yaranaio_016


そう。だからどちらかを選択すべきときに、一概に多いほうが、とは言いにくいな。
ただ、150km/h制限1車線の道路と、60km/hで4車線の道路とどっちが早く目的地につくかって言うと、
まぁ状況によるよな。
だからCPUの選択の際は、使いみちを考慮して折り合いを付けるのがいい。




yaruo_018
わかったお!!
だからネトゲと2chとアニメを同時にこなしたいやる夫は
最低4コアでクロック高いほうがいいんだお!!



20160127002900


(・・・・
まぁ、次にいこうか。
次はメモリだ。メモリの役割について述べよ。






9b6b0502


うーむ。。。
メモリは一時的な記憶装置で・・・容量多いほうが強いお!!




20160127002900



ま、まぁあってるんだが・・・
メモリはデータ記憶装置で、CPUと高速にデータをやり取りする。
CPUが処理する対象を一時的においておく机のようなものだな。
容量は机の大きさのようなものだ。



9eef8141



確かに机は広いほうがいいお。
狭いとすぐいっぱいになっちゃうお。


20160127000256





で、メモリの特徴としては電源が切れるとそこにおいてあったデータは消える。
揮発性の記憶領域などという言い方をするが。




9eef8141


電源切るときに机を全部片付けるって感じかお?





yaranaio_013


あぁ、やる夫にしては察しが良いな。
電源クリア時にきれいにしないと、
お前の机のように日々散らかしたものが溜まっていって
すぐ容量を超えてしまうからな。





yaruo_017

ひどいお!!
最近はペットボトルも食べ残しもちゃんと床においてるお!!



yaruo_024

だから部屋きたねぇんだよ貴様!!






3ca2bc68-s



ぐはっ
で、でもなんとなくわかってきたお。



yaranaio_016



さて、HDDとSSDにいこうか。
これらの役割は何か?






9b6b0502


ん?記憶装置だお?
容量大きいほうが強いお!!





20160127000256





メモリも記憶装置だったが、その違いはなんだ?






6cd89f34-s



それくらいは知ってるお!!
HDDはデータを長期間保存できるお!!
電源切ってもデータは残ってるお!!




yaranaio_015



ふむ。ではSSDとHDDの違いは?





yaruo_018

SSDのほうが高くて強いお!!
あと、SSDは回らないお!!



20160127002900



うーん。。。こいつの答えは返しづらいな・・・
まぁちゃんと説明してやるか。めんどくさいけど。






20160127000256




HDDもSSDも両方大容量記憶装置と呼ばれるものだ。
外付けのものも含めて「ストレージ」と呼ぶこともある。
データを長期間保存するものというのはやる夫の言うとおりだな。
実際にこのHDDやSSDに書き込まれたものは、
基本的には電源のON/OFFで消えることはない。



yaranaio_016




HDD(Hard Disk Drive)はその名の通りディスクを使用していて、磁気媒体だな。
物を見ればわかるんだが、円盤状のディスクが回っている。
SSD(Solid State Drive)は不アッシュメモリを使っている。
こちらは電気信号で読み書きするため、回転しない。よって静かだ。



yaranaio_016


性能的には、容量と読み書きの速度が重要だな。
HDDのほうが容量が大きく、SSDに比べると速度は劣る場合が多い。
HDD自体の速度は回転数と「一枚のディスクあたりの容量(プラッタ容量)」で決まることが多いな。
SSDの方はまぁ、ピンきりなのだが、基本的には容量あたりの値段が高いがHDDより圧倒的に速い、
ということでOS領域に使われることが多いな。



9b6b0502


ふーむ。。
なんとなくだったのがちょっとスッキリしっかりわかったようなきがするお!!





yaranaio_016

他にはHID(Human Interface Devices)としてキーボード・マウスなど、
拡張カードとしてネットワークカード、ビデオカード、SCSIカード、RAIDカードなど、
USB機器としてキーボード、マウス、USBメモリ、DVDドライブ、外付けHDDがあったりするな。

ここで一つ重要な概念があるんだが、USB機器は電源入れたまま外せるか?



6cd89f34-s




そんなことはやる夫でも知ってるお!!
余裕ではずせるお!!



20160127000256


うむ。この電源を入れたまま接続や取り外しができることをホットプラグ。
デバイス自体をホットプラグデバイスなどという。

逆に、内蔵カードや内蔵HDDなど、電源を切っていないと接続、取り外しができないものをコールドデバイス、という。

この名称は後々Linuxのシステムにおけるデバイスの扱いのところで出てくるので、死んでも覚えておけ。


yaruo_081
し・・・死んでもかお・・・
ホットプラグ、コールドプラグ、ホットプラグ、コールドプラグ、ホットプラグ、コールドプラグ・・・・


9c2cfe42



ん?今回Linux関係なくないかお?

なんか自作PC講座みたいになってるけど大丈夫かお?




yaranaio_013


まさかやる夫がそんなことを心配してくれるとはな。
まぁ、たしかに今回はそんな感じだったんだが、今後Linuxシステムにおけるハードウェアの認識方法などを学んでいくからな。
今回のは前提知識として、半分くらいの内容を覚えておくとそのあたりで引っかかることが少なくなると思うぞ。



yaruo_057




わかったお!!
ところで前回頑張って入れたVMwareのCentOSはなんだったのかお?

・・・そ、それは後ほど・・・


次はシステム起動だ!!



Sponsored Link